離婚の兆候を見抜く

離婚してしまった後に復縁するのは大変なことです。
本来ならば、離婚前に夫婦の危機を回避し、絆を強くする必要があります。
それには、相手が出す離婚の兆候を見抜くようになりましょう。
女性側が出す離婚の兆候は、「仕事を探し始めた、再就職のために資格を取り始めた」や、「口うるさかったのに、文句を言わなくなってくる」などがあります。
離婚後自立するために、じわじわと就活をする女性が多いようです。
また、どうせ別れるから、これ以上相手に望んでも無駄だという心理が働き、文句も言わなくなってきます。
続いて男性側の離婚の兆候にはどのようなものがあるのでしょうか。
やはり、残業が多くなったり、外泊をしたり、家に居る時間を極力減らそうとする傾向にあります。
まずは、夫婦で話し合いをしましょう。
そこでお互いの気持ちのすれ違いについて、しっかりと理解し合うのです。
なぜそのようになったのかを考えるのが必要なのに、相手に責任を押し付けるような発言をしてしまえばますます相手の気持ちが離れてしま
います。
復縁成功の法則

Posted: 2012年04月03日

手紙を利用する

今では告白も別れも携帯のメールで済ませるという人が多い時代です。
しかし、このような時代だからこそ、手紙で気持ちを伝えることは新鮮に写ります。
特に直接会うのを拒んでいる人の気持ちをほぐすのにも手紙は有効です。
また、特に離婚した中高年の男女にとっては、メールや電話よりも、形に残る手紙のほうが重みがあると感じるようです。
復縁の手紙を書くコツですが、ただ復縁したい、戻って来て欲しいと連ねるだけではいけません。
離婚に至るまでの経緯や原因を良く思い出し、自分が変わったことや、もう同じことは繰り返したくないと思っている事を書きましょう。
もしかしたら1通や2通では効き目が無いかもしれません。
結婚していた月日が長ければ長いほどそれだけ相手の気持ちをほぐすのも大変でしょう。
もし復縁したいという気持ちが強ければ、何年も掛けて距離を縮めて行く覚悟が必要です。
手紙の返事が来たら次は電話連絡を目標にします。
そして直接会って気持ちを伝えることができたら、復縁への道も開けてきたといっても過言ではないでしょう。
ミュゼの予約はこちら

Posted: 2012年03月17日

復縁工作会社に依頼する

世の中には様々なビジネスがありますが、復縁に関するビジネスも存在します。
復縁工作会社は、復縁を専門にしているところもあれば
探偵事務所が復縁工作を請け負うこともあります。
まずは相手の周辺を調査しなくてはいけません。
具体的に、交友関係や恋人の有無などを調べます。
そして調査した内容を元に、復縁工作を行っていくのです。
そこからは単に業者に依頼するだけではなく、アドバイスに従って自分でも行動を起こしていかなくてはいけません。
復縁を業者に頼むことのメリットですが、共通の知人や別れた後に接点が無くても復縁を望めるということです。
デメリットは、料金がかかる、相手にばれたら大変などです。
探偵事務所を使ってまで復縁をしようとしている事実を知って、喜ぶ相手はまずいないでしょう。
また、例えお金をつぎ込んで業者に依頼したとしても、人の気持ちは自由に動かせないので100%成功するともいえないのです。
その辺のリスクを良く考えた上で、業者に頼むかどうかを決めると良いでしょう。

元恋人との復縁方法

Posted: 2012年02月29日

復縁が難しいケース

離婚後の復縁は、相手が存命な限り不可能ではありません。
しかし、離婚の理由によっては限りなく不可能な場合もあります。
まず、離婚のときに裁判所が介入した場合です。
多くの夫婦の場合、双方の合意があれば協議離婚という形で婚姻関係を解消できます。
しかし、どちらかが離婚に応じなかったり条件に納得がいかなければ、調停離婚といって裁判所の人間が間に入って離婚の話し合いを進めるほうほがあります。
さらにもっとこじれてしまうと、審判・裁判離婚になってしまいます。
離婚の際にこれだけややこしいことになってしまっては、修復するのもかなり難しいといえます。
また、男性のDVが原因で離婚した場合も、婚姻関係を修復するのは困難でしょう。
暴力が原因で別れてしまったのですから、それだけ相手に対する恐怖心や嫌悪感などは心の底に根強くあって、かき消すことが難しいものです。
それに比べると、浮気が原因で別れてしまったケースは、復縁も簡単だといえます。

Posted: 2012年02月12日

まずは相手のよき理解者になろう

離婚した相手と連絡が取れる状態なら、相手の良き理解者という立場で関係を持続させておきましょう。
間違っても無理やり復縁を迫ってしまってはいけません。
そうすると本当に関係を絶ち切ってしまう事になりかねません。
離婚した後も気軽に連絡を取れる間柄であれば、相手の仕事のこと、家庭の事、子供のことなど相談にのりましょう。
そうすることで「やはり頼れる人はあなたしかいない」という気持ちを芽生えさせるのです。
長くやり取りを続けていけば、そのうち直接会うチャンスもあるでしょう。
会う機会をどんどん増やしていって、少しずつ距離を縮めていきます。
つまり、もう一度片思いに戻った気持ちになって、告白をすればいいのです。
それには慎重にアプローチを取っていく必要がありますよね。
離婚しているのに「自分は元配偶者だから」というずうずうしい態度で迫ると、失敗してしまいます。
離婚後の復縁は、もう一度恋愛関係からやり直すつもりで距離を縮めて行くのが良いでしょう。

Posted: 2012年01月26日